お盆を過ぎると、、和ろうそく屋は秋の準備が始まります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

3n1.jpg

 

 お盆を過ぎると

和ろうそくのご注文が寺院様から少しづつ増え始めます。

秋に浄土真宗は報恩講という親鸞聖人の祥月命日前後に報恩謝徳のための法要があります。

その報恩講には朱色の和ろうそくを使います。

今年は親鸞聖人の浄土真宗開祖750周年の大遠記法要があるので

各地でいろいろ記念行事もあるようですね。

赤い和ろうそくの鮮やかさは小大黒屋の和ろうそくの特徴の一つです。

華麗な朱色がより荘厳な雰囲気を醸し出します。

 

このブログ記事について

このページは、小大黒屋が2011年8月18日 11:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お墓参りセットのご紹介」です。

次のブログ記事は「和ろうそくの商品寿命を考えました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count