和ろうそくの文化を伝えていく

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

_MG_8914.jpg

 

 昨日は100年以上続く老舗企業ということで

 

日本商工会議所の情報紙の取材を受けました。

 

よくよく話をお聞きするとこのためだけに東京からおこしになったとの事。

 

うちなんかの取材にと思うと申し訳なさ過ぎて恐縮してしまいました。

 

いろいろ質問されましたが

正直、何も目新しいことや記事になりそうなことも言えず

ほんとに申し訳ない内容になってしまいそうです。

 

ですが私は改めて質問を受けることで考えや方向性、立ち位置が少し確認できました。

私は和ろうそく製造業者として次世代に和ろうそくの文化を継承できるように

和ろうそくの文化を守り育てていきたいです。

時代とともに人の生活や価値観は変わっていきますが変わらない価値を持ち続けられるような

モノをつくりコトを伝えていく。一番難しく派手さも目新しさもありませんが毎日のこつこつの

積み重ねだと実感できました。

このブログ記事について

このページは、小大黒屋が2011年3月 1日 13:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「永代経のころになりました。」です。

次のブログ記事は「和ろうそくには芯切りが必要です。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count