展示会や催事に行く意味、出展する意味

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 今週は雑貨業界での最大の展示会 インターナショナルギフトショーがあります。

約20年 年2回ほぼ必ず見に行っています。

業界の動向が1日でわかり新しい商品を見つけたりと仕入れにも

役立ちます。

数年前からキャンドルメーカーの出展が殆どなくなってしまったのが

寂しい限りですが

インディーズと呼べるような企画デザイン主体のファブレスキャンドルメーカーといえるような

ところや輸入商社がキャンドルを販売したり、セレクトショップ系のメーカーが品揃えの一環で

キャンドルを扱っていたり、キャンドルが業種と言うより業態の括りで

取り扱われることが増えてきました。

自分たちもどのように対応していけばいいかなど福井にいただけではわからない情報がいろいろ

見て取れます。

自分たちも過去に何回か出展しましたが正直歯が立ちませんでした。

なかなかビジネスベースで採算ラインにのせようとすると1回や2回出ただけでは

全くダメで戦略を持って長いスパンで取り組まないといけないと実感しています。

このブログ記事について

このページは、小大黒屋が2014年2月 4日 07:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「地域の役目」です。

次のブログ記事は「展示会に行って来ました。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count