和ろうそくの色といえば

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

生棒和ろうそく.jpg

 

 和ろうそくの肌の色は地域によって異なります。

福井、滋賀などは生成りの緑がかった色、金沢、富山は漂白された晒しの色

滋賀の一部と岐阜、京都は乳白色の顔料を調合した色 といった具合です。

地域地域の文化として和ろうそくが残っている地域ほど和ろうそくの色に対しては

一様に定番のイメージがありほかの色では違和感を感じられるようです。

地域の伝統の文化は大切にしていきたいです。

 

count