冬至の日には、、、100万人のキャンドルナイト

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

_MG_8914.jpg

 冬至と夏至の日は夜8時から10時まで2時間電気を消して

ローソクの灯だけで過ごそうという静かな運動があります。

100万人のキャンドルナイトという名前で

1人1人が主催者のイベントです。

 

夏至は1年で一番日の長い日、冬至は1年で一番日の短い日です。

冬至はかぼちゃを食べたり、ゆず湯に入ったり、、古来からの日本の習慣がありますね。

そしてしばらくの間、ろうそくの明かりだけで過ごして電気の大切さや、

テレビを消して、ネットもOFFで、

自然のはだか火から感じるいろいろな思いを大切な人と

すごしてみるのもいいかもしれないですね。

このブログ記事について

このページは、小大黒屋が2011年12月21日 10:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「古い団扇」です。

次のブログ記事は「和ろうそくの処分の仕方」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count