消費税の対応の準備

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 お取引先で1月の今現在ですでに4月の消費税の5%から8%への改正対応を間に合わなくならないように

一部の大型店で、108%の内税表記のプライスカードに変更し始めているようです。

レジがPOSシステムでバーコードをスキャンして価格を管理しているので

108%表記でもレジでは105%の価格で売上になるようです。

4月になって買い物客が値上がりしたという意識を持たれないように予め値上げした価格にして

心理的な障壁を和らげる狙いがあるのかもしれませんね。

3月末は小売業も繁忙期を迎えるので

1月2月の比較的忙しくない今の時期に対応をしておきたいというものあると思います。

国の税収が減っている、税のバランスをとらないといけないというみんながわかっていることなので

協力したいですが少し明るさが見え始めたという報道がある日本経済ですが私達の中小零細までには

まだ実感はありません。景気回復に水をささないように増税感を和らげブレーキにならないよう、

売上減にならないように小売業者の人たちは皆さん必死に考え実行されています。

昨日は消費税対策のセミナーに夜行ってきましたが

法律の話は難しくて正直半分もわかりませんでした、、

自分たちも!頑張らなくてはと気を引き締めています。

このブログ記事について

このページは、小大黒屋が2014年1月24日 07:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「消費税の対応」です。

次のブログ記事は「路面電車の走る街」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count