和ろうそくの消し方2

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 和ろうそくを消した直後は、ろうそくの上径部は蝋が液化した状態のままです。

また燭台の芯の部分を通じて熱が燭台に伝わり燭台も厚くなっている場合があります。

かたずけたり、掃除する場合、消化した直後はすぐに触らずに5分から10分はそのままにして冷えてから

ろうそくや燭台に触れるようにしてください。やけどの恐れがあります。

また、火が消えていることを必ず確認してください。

火を灯している間はそばを離れないことも大切です。

このブログ記事について

このページは、小大黒屋が2011年3月 9日 07:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「和ろうそくの消し方1」です。

次のブログ記事は「花ろうそくはどう使いますか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count