和ろうそくの原料は、木蝋と呼ばれる植物性の蝋です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

photo_zairyo.jpg

和ろうそくの原料は元来、木蝋(もくろう)と呼ばれる植物性の蝋です。

うるし科の紅葉緑樹である櫨(はぜ)の木の実の外殻を蒸して圧搾して抽出した油脂分の不純物をろ過し、

精製したものが木蝋(もくろう)と呼ばれる蝋(ろう)です。

30年くらい前から極端に木蝋の生産者が減り木蝋が手に入りづらくなってきました。

困った和ろうそく生産者たちが精鑞業者に呼びかけ木蝋とほぼ同じ成分の植物性油脂の生産が始まりました。

東南アジア原産の樹木の実から精製した蝋だそうです。

小大黒屋では一般の販売はこの蝋を主原料とした和ろうそくを生産販売しています。

また元来からの櫨蝋の和ろうそくは”純木蝋(じゅんもくろう)”と呼んで分けて販売しております。

元来の和ろうそくをお求めになりたい場合は純木蝋とご指定ください。

count