和ろうそくの規格について

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

和ろうそく燃焼.jpg

 和ろうそくにはJIS規格のようなものがありません。

各社さまざまで地域地域に根ざした文化に基づいた

大きさ、太さ、長さ、呼び名があります。

和ろうそくと一言で言っても 清浄生掛け という呼び名だったり、

木蝋 という呼び名だったり、 和蝋という呼び名だったり、

数え方も本来は1本2本ではなく1丁、2丁という数え方だと思うのですが

1本2本のほうが主流になってきているようにも感じます。

地域の文化に根ざしているのでいろいろ在って面白いです。

 

このブログ記事について

このページは、小大黒屋が2012年2月15日 20:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「和ろうそくの良さは何ですか?」です。

次のブログ記事は「小大黒屋の和ろうそくの特徴」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count