燃えのこりの和ろうそくの処分について

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

388190_281337451917567_100001239442590_937593_969032388_n.jpg

 お寺様から時々残蝋(燃え残りのろうそく)を引き取ってほしいというご依頼を

いただきます。

小大黒屋の和ろうそくをお使いいただいている寺院様からは残蝋は引き取らせていただいています。

蝋として再利用するのではなくきれいに燃えているか、垂れていないか燃焼の具合を燃え残りで

確認できるので品質を確認する意味で回収させていただく場合があります。

ろうそく業者の中には残蝋(燃え残りの和ろうそく)を再び溶かして

ろうそくの原料として再利用するところもあるとも聞きます。

しかし小大黒屋では 再利用せずすべて処分しています。

もったいない、再利用できるならしたほうがいいと思うのが当たり前だと思います。

本当は私たちもそうしたいです。ですが、安心安全に和ろうそくを使っていただきたいので

きれいに燃焼するかどうかわからないものを蝋に混ぜることをしません。

すべて小大黒屋のろうそくの蝋でも保存状態や、使い方、などで

蝋の性質が微妙に変化します。また、細かい話ですがろうそくの大きさによっても微妙に

蝋を変えています。そのため残蝋はお引取りしていますがすべて燃えるゴミで処分しています。

 

 

 

count