和ろうそくをどういう場面で使ってもらいたいか

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 _MG_8914.jpg

和ろうそくをどういう場面でどういう人に使ってもらいたいか?

今まであまり考えたことがなかったですが

ものづくりをしていく上でとても大事なことだと学びました。

仏事でお寺の本堂で灯して使ってもらいたい。

お仏壇で使ってもらいたい。

生活の中でお酒の席などで電気の明かりを落として

ほのかな和ろうそくの明かりで時間を楽しんでもらいたい。

どのように使ってもらいたいかで作る製品のデザインも

おのずと変わってくる、、、今一番考えていることです。

このブログ記事について

このページは、小大黒屋が2011年11月30日 15:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「観光バスがご来店!ちょっと驚きました。」です。

次のブログ記事は「ロウソクの科学を読んでみる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count