青函連絡船で和ろうそくを北海道に送っていた時代もありました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 341065_266307176753928_100001239442590_898356_1144796767_o.jpg

青森に車で11時間かけて昨日早朝につきました。

今日、11時間かけて又帰ります。1泊4日という強行日程です。(笑)

昨日は時間調整で青函連絡船のメモリアルシップ八甲田丸を見学しました。

船の中が博物館になっていて青函連絡船の歴史が丸わかりの展示で連絡の貨車や国鉄時代のものも展示されていてました。

小大黒屋も和ろうそくを明治時代から北海道に送っていました。

輸送方法も北前船、国鉄貨車、郵便小荷物、宅急便と、時代とともに変わっていきます。

祖母に

”昔は製材所でおがくずをもらってきてりんご箱に おがくずを詰めて和ろうそくを国鉄でおくってたんや”

というのを聴いた記憶が蘇ってきました。

りんご箱にろうそくが割れないように荷造りするのは凄く厳重に荷造りしたというのを聴いた記憶があります。

 

このブログ記事について

このページは、小大黒屋が2011年11月12日 08:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「福井は日本で一番幸せな県!?」です。

次のブログ記事は「新規のお問い合わせをいただくと、、」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count