北前船と和ろうそくのつながり

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

f0193752_2275398.jpg

 北前船は北海道と本州の交易に昭和の初期まで活躍していました。

福井は しゃくだに石や 和ろうそく を東北、北海道に”輸出”し、

海苔、昆布などの水産物を

北海道から”輸入”して交易の中継地として加工して栄えていました。

いまも小大黒屋は北海道との取引がそのころからの名残りもあってか

多くあります。北海道への出荷も、北前船が国鉄の貨車になり、運送会社になり、

今では宅配便で発注後翌々日には

北海道に届いています。

福井には坂井市三国町のみくに龍翔館や福井市の福井県立歴史博物館で当時の資料や史実、北前船のスケールモデルなどを垣間見ることが出来ます。

 

count