報恩講も終わった寺院様が多くなってきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

DSC_0145.JPG 

報恩講が多くの寺院様で終わり、小大黒屋の出荷も
だいぶ落ち着いてきました。

しばらくすると今度は寺院様の年末年始の檀家様向けの記念品用の和ろうそくや
線香の小箱のご注文が増え始めます。

寺院様の名前を印刷した、熨斗かけしたり、セット内容をいろいろ変更したり、
細かい仕様のご注文が多くなるので間違わないように受注や出荷の担当は気を張
る時期を迎えます。

例年ご注文をいただける寺院様に前もってご注文をいただきに伺っても
年の瀬になってからしかご発注をいただけなかったり
どうしても12月後半にご注文が集中します。

小大黒屋では小額の記念品用の和ろうそく、線香のセットなど
品揃え豊富にご用意しています。
細かい熨斗印刷などもご対応させていただいています。

このブログ記事について

このページは、小大黒屋が2011年11月22日 10:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「和ろうそくの話を小学生にしてきました。」です。

次のブログ記事は「喪中はがきをもらったら」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

count