商品の出荷の梱包について

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

dispatch_flow_img03_1.jpg

 和ろうそくの商品をご注文いただいて

出荷させていただくときは

10年ほど前までは

すべて再利用のダンボールを使っていました。

仕入れ品のお線香メーカーや仏具メーカーのダンボールの二次利用です。

ですが、あるときお客様からダンボールの再利用など

失礼にもほどがあるとお叱りのお電話をいただいてから

自社でダンボールをつくり出荷するようにしています。

またダンボールに入れる緩衝材は20号以上の和ろうそくには

ミラマット(白い発砲シート)を巻いて折れないようにして出荷させていただいています。

また緩衝材は小大黒屋に入荷してくる商品の中に入っていた緩衝材を再利用したり

場合によっては新聞紙を使っています。

一部、今でも仕入先のダンボールの再利用で出荷させていただく場合もございます。

昔はもったいないという言い方でしたがいまはエコという言葉に代わり、、、

今はチャレンジ25というキャンペーンに参加しています。

省資源化、エコ、流行ではなく考え方にまで消化していきたいですね。

dispatch_flow_img03_2.jpg

 

count