ちょっといいことというのがちょっといいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 今日は祝日でしたがちょっと無理して東京へ

インテリアライフスタイルショーとオーガニックエクスポという展示会に

いってきました。

とてもデザイン的に洗練されたメーカーばかりが

出展しているブースばかりで

参考になるというよりは凄いなーで終わってしまった感ですが

こういう展示会に出展できるようなメーカーになりたいなと思いを新たにしました。

で、その中で数年ぶりに以前、仕事をご一緒させていただいたことのあるデザイナーの方と

再会できました。

以前おいしいキッチンというプロジェクトに参加していてそのときの

ディレクションを担当していただいた酒井俊彦さんというデザイナーの方です。

以前からデザインしっぱなしでなく市場で売れるものをつくって、実際にリスクをとって売ることに責任を

もっていきたいとおっしゃっていたのを実行に移し

http://ec-sample.shop-pro.jp/

サンプル というプロジェクトをご自身で立ち上げられプースをかまえ

出展されていました。

ちょっといいことをやっていくということで 捨てられてしまうあまった車のシート用の布だったり、

間伐材だったり、をつかってプロダクトをしていくということのようです。

私なりの解釈では、サステナブル(環境に付加を与えず持続可能なこと)というキーワードを

ちょっといいことというよりわかりやすいキーワードに変えて落とし込んであざとくなく、流行でない

ものづくりの思想に盛り込んでいく、かなり共感できる考え方でした。

これからも興味をもって見守っていきたいプロジェクトです。

count